株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2006年08月28日

パイオラックス(5988)

「弾性」技術で自動車部品、医療機器へ

piolax,kato.gif
 パイオラックス(5988)は「弾性」をコア技術として、金属ばね、樹脂ファスナーなどの製造販売を行なっている。
 主力は自動車用部品。供給先は国内外の自動車メーカーで、北米、アジアなど計8カ所の生産販売拠点を持つ。海外拠点では受注増に対応してメキシコ工場の拡張、中国工場の増築のために用地を取得。北米・欧州自動車メーカーへも積極的に拡販を行っている。
 最近、成長しているのは医療機器分野だ。1999年に子会社「パイオラックス メディカルデバイス」を設立して行なっている。今期黒字化し、2007年度で売上高20億3200万円を見込んでいる。(パイオラックスグループ全体の2006年3月期連結業績予想は売上高402億円)
 メディカルデバイスの主力製品はカテーテルだ。血管に穴をあけ、血管をつうじてカテーテル(導管)でデバイスを入れて患部に到達させ、患部に直に薬剤投与などを行なうもの。こうした血管内手術は、外科的に患部を切除するなどの治療に比べ、短期入院で済み、治療コストが低減できる。
 同社製品の特徴は、表面のコーティング技術により潤滑性が高く、患部に到達しやすい点。また、形状記憶合金、金属のバネ材料を採用しており、操作性が高く、患部に留置してもずれにくい。
 針のように細いデバイスと導管を血管に差し込んで…と考えると、生理的にはちょっと怖い気もする。が、メスで体を切って…という在来の手法も、考えてみれば恐ろしいものだ。医学の進歩ってすごい。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:48 | 気になる新技術