株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2006年01月20日

クラウディア(3607・東2・大2)

kura.gif
1Q大幅に増収増益  婚礼衣装レンタルと式場参入奏功

 クラウディア(3607・東2・大2)の2006年第1四半期の連結業績は、売上高25億6700万円(前年同期比22.5%増)、経常利益5億3400万円(同64.1%増)、純利益3億7000万円(同86.9%増)、1株あたり利益76円59銭と、増収増益となった。
 同社はウエディングドレスの製造、販売を事業の柱としてきたが、近年はドレスのレンタルと結婚式場の運営事業にも参入し、3本柱へと業態改革を図っている。今四半期は参入事業の先行投資が回収期に入った。
 2006年2月中間決算を上方修正し、売上高44億2000万円(前年同期比23.8%増)、経常利益3億6000万円(同80.9%増)、純利益2億1000万円(同110.0%増)とした。
 中間配当を10円に増配し、通期では20円の見込み。前年は記念配当5円を含み、通期で15円だったので、増配となっている。
 倉 正治(くら・まさはる)社長は「経済が上向きになり、挙式・披露宴、婚礼衣装とも単価が上がっている」と説明し、高収益を見込める見通しとなっている。


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:14 | 決算説明会探訪